会議所の動き

平成21年度通常議員総会

3月26日、ホテルほり江において通常議員総会を開催しました。平成22年度事業計画(案)、収支予算(案)等、すべての議案が承認されました。また、終了後には出雲市担当課より「出雲市集落応援隊」についての説明がありました。

労務管理セミナー「今こそ70歳戦略化」

3月17日に島根県社労士会副会長・高年齢者雇用アドバイザーの板垣文江氏を講師にお招きし労務セミナーを開催しました。セミナーでは「改正高年齢者雇用安定法」の概要、高年齢者雇用継続給付金と年金支給額との関係等について詳しくお話いただきました。

建設部会視察研修会

3月12〜13日にかけて建設部会視察研修会を開催しました。北九州市エコタウンセンターで事業概要の説明をいただいたのち、西日本家電リサイクル鰍フ家電製品解体分別作業、九州・山口油脂事業協同組合の廃食用油を使ったバイオディーゼル燃料等の現場視察を行いました。また、門司港レトロ、下関唐戸市場等の視察も行いました。



デザインセミナー

3月10日にビンデザインオフィス汲フ山内敏功氏を講師に迎え、デザインセミナー「デザインと商品開発」を開催しました。斬新なアイデアだけでなく、既存のモノを一部組み替えることで新しいモノが生まれること等を学びました。当日は会員事業所だけでなく郵便局の職員等の参加もあり約30名が受講しました。

中小機構・海上自衛隊呉地方総監部を訪問

2月18〜19日に地域活性化委員会視察研修会を開催しました。18日には(独)中小企業基盤整備機構を訪問し、中小企業への支援施策等について情報交換を行いました。19日には江田島市の海上自衛隊第1術科学校を見学したのち呉地方総監部を訪問し、掃海艇「いずしま」を見学、その後武田総監、鍛治幕僚長らを表敬し河下港への寄港等について意見交換しました。



ねんきん定期便セミナー

アクサ生命保険潟Gリア・トレーニング・マネージャーの渡辺博文氏を講師に、2月9日「ねんきん定期便セミナー」を開催しました。ねんきん定期便の見方を知っていただくとともに、損しないための公的年金について理解を深めていただく機会となりました。

2010スーパーマーケット・トレードショーに出展

2月8〜10日にかけて東京ビッグサイトで開催された「2010スーパーマーケット・トレードショー」に、平田地域より6社が出展し、農商工連携事業による新商品や海産物等の特産品をPRしました。

商業部会視察研修会

2月3〜4日にかけて東京ビッグサイトで開催された「東京ギフト・ショー」視察を開催しました。商業部会だけでなく様々な業種から18名が参加し、視察や商談を行いました。

第50回永年勤続商工従業員表彰式

11月19日ホテルほり江において、第50回永年勤続商工従業員表彰式を挙行しました。勤続40年から10年までの62名の方々に表彰状が贈られました。受賞された皆様、本当におめでとうございました。

地域資源活用・農商工連携セミナー

10月20日、出雲・平田・大田商工会議所地域力連携拠点による「地域資源活用・農商工連携セミナー」を開催しました。(独)中小企業基盤整備機構中国支部の古田プロジェクトマネージャーより施策についての説明をいただいた後、平成20年度中国地域第1号認定を受けた挙吉製菓の林不動社長による事例発表、潟Aグリテクノサポートの小豆澤社長による企業の農業参入に関する講演をいただきました。

工業部会視察研修会

10月16日から17日にかけて、新潟県の燕・三条商工会議所等を訪問し、製造業に対する「受注と販路」の確保に対する支援体制等について研修を行いました。“磨き屋シンジケート”等、金属加工業者が集積する同地域の取り組みについて学びました。

セミナー「悪質なクレームへの対応策」

8月25日、潟Gンゴシステムの援川聡氏を講師にお招きして、クレームへの対応策についてセミナーを開催しました。援川氏からは、元大阪府警・大手流通業でのクレーム処理の経験から、初期対応の重要性や悪意のあるクレームかどうかを見極めるポイントについて学びました。

「出雲大社大屋根特別拝観」建設部会視察研修会

平成の大遷宮が行われている出雲大社では、現在大屋根の特別拝観が行われており、7月31日に建設部会で視察研修会を開催しました。素屋根に覆われた本殿の檜皮葺きや千木を間近に見ることができ、技術や歴史の重さを体感することが出来ました。

セミナー「ピンチはチャンス」実践編

昨年度「平田経営革新塾」でもお世話になった梶野照夫氏を講師にお招きして、7月17日にセミナーを開催しました。じっとしていても始まらない、行動しよう!をテーマにグループディスカッションを行いました。

セミナー「違いがわかる!『気がきく人』の仕事術」

7月9日、アナウンサーの本田祐美氏を講師にお招きしてセミナーを開催しました。意識的に口を開いて喋ると自然に声の大きさや通りが良くなり相手が聞き取りやすくなることや、お客様や上司に対するちょっとした気遣いで印象はずいぶん変わること等を学びました。

共済還元事業「ビアホール&大抽選会」

7月3日、恒例の共済還元事業「ビアホール&大抽選会」を割烹温泉ゆらりで開催しました。抽選に当たった170名が入浴券付きビアガーデンを堪能したほか、商品券やAXAワインが当たる大抽選会で多いに盛り上がりました。

「観光とは!?」観光サービス部会視察研修会

7月1日から2日にかけて大分県を巡る視察研修会を開催しました。観光サービス部会と、古い街並を活かして活性化に取り組む木綿街道商業振興会とが合同で、初日には江戸時代の風情を残す日田市豆田町や日本一の吊り橋を、2日目には臼杵市の街並や国宝の臼杵石仏を視察しました。

平成21年度通常議員総会

6月29日、ホテルほり江において平成21年度通常議員総会を開催しました。大島会頭の挨拶に続き、平成20年度事業報告・各会計収支決算が報告され、いずれも承認されました。終了後の懇親会では、来賓の長岡秀人出雲市長からご挨拶をいただきました。

セミナー「弁護士との上手な付き合い方」

6月22日、井上晴夫弁護士(松江市)を講師にお招きしてセミナーを開催しました。まず日弁連が製作したDVDで裁判以外での弁護士との付き合い方が紹介され、その後、資金繰り・雇用問題・債権回収・事業承継等、中小企業経営における弁護士の活用について学びました。

斉藤俊幸氏と青年部との懇談会

6月11日、地域活性化伝道師(内閣官房)として熊本県荒尾市等で活躍しておられる斉藤俊幸氏(イング総合計画椛纒\取締役)をお招きして、当所青年部メンバーと平田地域の再生について懇談し、木綿街道旧石橋酒造の活用策を探るため現地視察を行いました。

平成21年度女性会定時総会

5月19日、大島会頭を来賓に迎え、平成21年度女性会定時総会が開催されました。大谷会長の挨拶に続き、平成20年度事業報告・決算、平成21年度事業計画・予算等が承認されました。また、総会終了後には、香道御家流和草会の大谷香代子主宰を講師に「香道と教育」と題した講演会が行われました。

映画「BATADEN(仮題)」へ協賛金を贈呈

当所会員に向け呼び掛けていた映画「BATADEN(仮題)」への協賛金が4月20日までに160万円集まり、翌21日に「BATADENを支援する会」にお渡ししました。ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。

平成21年度青年部定時総会

4月20日、正副会頭、専務理事、OB会長を来賓に迎え、平成21年度青年部定時総会が開催されました。來間会長の所信表明に続き、平成21年度事業計画・予算等が承認され、3名の新入会員を加えた31名で新年度のスタートを切りました。

平田地域の動き

せんちゅうパル(大阪)で出雲物産展

3月12〜14日にかけて大阪・千里中央駅せんちゅうパルにおいて「出雲の物産と観光展」が開催され、平田地域からも出雲そばの実演販売や海産物等を扱う事業所が出展しました。

出雲杜氏〜新酒まつり

3月4日、平田地域出身の杜氏でつくる平田地区酒造研究会の主催による新酒鑑評会が行われ、9つの酒蔵から今年の新酒が出展されました。夕方からは、割烹温泉ゆらりに出展酒を持ち寄り、広く市民に味わってもらうと同時に、日本酒の消費拡大と日本酒造りという伝統文化への理解を深めてもらうことを目的に「出雲杜氏〜新酒まつり」が開催されました。



農商工連携・地域資源活用フォーラム

2月16日「農商工連携・地域資源活用フォーラム」がウェルシティ出雲において開催されました。 (独)中小企業基盤整備機構中国支部の加藤統括プロジェクトマネージャーより施策についての説明をいただいた後、 楽天轄j川ECコンサルタントより「本気で挑戦したい方のインターネット通販」と題した基調講演、その後、 パネルディスカッションとして農商工連携・地域資源活用事業で山陰両県から認定を受けた潟Gムコ、癌V井珈琲、 挙轟ケ・挙吉製菓より事業化に至った経緯や問題点また今後の販売・経営計画を忌憚無くお話しいただきました。

出雲鍋料理コンテスト審査会

新しい出雲のご当地鍋を創ろうと募集していた「出雲鍋料理コンテスト」の審査会が、2月14日塩冶コミュニティセンターにおいて開催されました。個人や団体より地域の特産品を使った鍋30点が出品され、審査の結果「いづもあなたのそば煮鍋」が大賞を受賞しました。


もち街〜木綿街道

2月7日、木綿街道で節分恒例の「もち街〜木綿街道」が開催されました。好天にも恵まれ、市内外から訪れた人は、餅つき体験や16種類のトッピングによる餅の食べ歩きを楽しまれたようでした。

島根ふるさとフェア2010

1月23日から24日にかけて広島グリーンアリーナ周辺を会場に開催されました。オープニングには溝口島根県知事や新しい観光キャラクター「しまねっこ」も出席、出雲市からもたくさんの事業所が出展し、特産品のPR・販売を行いました。過去最高となる18万4千人の人手で賑わいました。

2010年平田地域新春互礼会

第10回となる平田地域新春互礼会が1月8日、割烹温泉ゆらりで開催されました。長岡市長をはじめ、平田地域選出県議会議員・市議会議員、JAいずも、自治会や各種団体代表者ら約130名が出席されました。

巨大風車群と海の幸ウォーク

11月29日(日)、新出雲風力発電所の完成を記念した「晩秋の出雲路/巨大風車群と海の幸ウォーク」が開催されました。参加者約1,300人が10kmと15kmの2コースに分かれ、雄大なロケーションを楽しみながら歩きました。空気も澄んでおりコース途中からは隠岐の島や日御碕灯台も眺めることができました。また、JFしまね平田支所前では地元の方のご協力により、地魚を使った鍋も振舞われました。




一畑電車「市場の電車」

“朝市”をそのまま走らせてみようという「市場の電車」が、11月7日に試験運行されました。松江しんじこ温泉駅を出発した一畑電車の車内では地元農産加工品等の販売が行われ、出雲大社前駅に到着しました。

第5回雲州ひらた大物産展

10月24日・25日の2日間、思ひ出横丁ぶらり〜木綿街道〜アスティほんまちを会場に第5回雲州ひらた大物産展が開催されました。鮮魚、出雲茶、醤油、酒、木工品、寝具、ガス器具などの販売のほか、ベンチャーキッズスクール、エコカー・ノスタルジックカー展示、赤来高原りんご特売など様々な催しが行われ、多くの来場者で賑わいました。





オータムコンサートinいずも

航空自衛隊西部航空音楽隊による「オータムコンサートinいずも」が平田文化館で開催され、多くの市民が迫力ある演奏を楽しみました。また、演奏会終了後は平田地域3中学校吹奏楽部の生徒への指導会も行われました。

雲洲平田船川の清掃活動

9月19日、木綿街道に面する雲洲平田船川の清掃活動が行われました。長岡市長、大島会頭をはじめ、地元住民、商工会議所女性会、商工会議所青年部、島根県出雲県土整備事務所のメンバー等100名が、胴長を着て川へ入り、藻刈りやゴミ拾いを行いました。

出雲−東京便30周年を記念し特産品PR

出雲−東京便の就航30周年を記念し、8月10日東京から出雲空港に到着された乗客に轄mサ醤油本店の醤油と出雲アロマスリット工房の檜サイコロの2点が配られました。

河下港で海上自衛隊艦艇広報

8月1日〜2日の2日間、河下港5,000トンバースにおいて海上自衛隊の艦艇広報が行われ、約3,000人が訪れました。今回一般公開されたのは掃海艇「まえじま」「ながしま」の2隻で、見学者は船体が木造である理由や掃海器具について説明を受けていました。

「BATADEN」から「RAILWAYS」へ...安全祈願・記者会見

タイトルが「BATADEN(仮題)」から「RAILWAYS」へと改まり、いよいよ島根県での撮影が本格的に始まるのを前に、7月29日出雲大社において撮影の無事を祈願するとともに、記者会見が行われました。

当日は、阿部秀司エグゼクティブプロデューサーや錦織良成監督をはじめ、主演の中井貴一さん、高島礼子さん、本仮屋ユイカさんらも出席して映画製作への意欲や出雲の印象について語られました。

一畑電車デハニ50形活用検討協議会

今年3月に現役を引退した一畑電車のレトロ車輌「デハニ50形」の活用検討協議会が7月27日当所で開催され、雲州平田駅の車庫に保管されている実物の視察も行われました。

渇ヘ村食材が出雲空港で特産品PR

出雲−札幌便の就航再開を記念して7月1日、渇ヘ村食材が搭乗者に自社商品(レトルトしじみ入りお味噌汁)をプレゼントし、都会の方には馴染みがない“食べるしじみ”をPRしました。

虚沒cファームが「美味しまね」第1号認証

安全で高品質な県産品として定めた基準をクリアした農林水産物を県が認証する制度「美味しまね(おいしまね)」に、当所会員である虚沒cファーム(鶏卵)等9社が認証されました。出荷される商品には認証マークが貼られます。

河下港で海上自衛隊艦艇広報

6月6日〜7日の2日間、河下港5,000トンバースにおいて海上自衛隊の艦艇広報が行われ、約4,000人が訪れました。今回一般公開されたのは訓練支援艦「てんりゅう」という日本に2隻しかない珍しい艦船でした。

ViVA平田店がオープン

空店舗となっていた旧ジャスコ平田店で6月5日、フーズマーケットHOKを核とする「ViVA(ビバ)平田店」がオープンしました。店内には平田地域の特産品を販売する「コスモス市場」も設けられました。

雲洲平田船川に花菖蒲が咲きました

6月に入り、木綿街道に面する雲洲平田船川の土手に植えられた花菖蒲が咲き始めました。昨年10月に地元町内や雲洲平田船川を愛する会のメンバーが草刈・苗付けを行い、現在数種類の花菖蒲が花を付けています。

唐川新茶まつり

5月31日、恒例の唐川新茶まつりが開催されました。今回も新茶を買い求める人が多く訪れた他、茶そばや茶もちを販売するブースには長蛇の列ができ、普段は静かな山里が人や車で溢れました。溝口善兵衛島根県知事も見えられました。

新出雲風力発電所竣工式

5月20日、釜浦町W11号風車において「新出雲風力発電所」の竣工式が行われました。地球環境温暖化防止に向け、エコ・環境行動計画等の取り組みが行われ、新エネルギーへの期待が高まる中での竣工に、地元自治体をはじめ地域経済団体等多くの関係者が参列し神事が執り行われました。

発電規模78,000kw(3,000kw×26基)は国内最大です。

今年も平田船川に鯉のぼり

今年も平田船川(新愛宕橋)にたくさんの鯉のぼりが泳いでいます。車のドライバーの方は脇見運転・交通事故に気を付けて下さい。

Copyright(C) 2010 HIRATA Chamber of Commerce and Industry All Right Reserved