会議所の動き

平成28年度通常議員総会(3月27日)

ホテルほり江において通常議員総会を開催しました。平成29年度事業計画(案)および各会計予算(案)の承認に続き、新たに内田晃市副会頭の就任が決まりました。また、総会終了後には日本銀行の三輪信司松江支店長を講師に招き、「山陰地方の課題と今後の取り組みについて」と題してご講演いただきました。

工業部会視察研修会(2月17〜18日)

2日間に亘って広島方面への視察研修会を開催しました。オタフクソース竃{社工場の自動化された製造ラインや衛生管理等を見学したのち、マツダ鰍ナは昨年ご講演いただいた原価企画本部長兼購買本部副部長の小池昌充氏を表敬、マツダミュージアムや撮影不可のU1組立ラインほか普段は見ることのできない現場を視察しました。また、NEXCO西日本鰍フ関連企業である西日本高速道路エンジニアリング中国滑ン社長への表敬、三次市の奥田元宋・小由女美術館を訪問し、有意義な研修会となりました。



観光サービス部会研修会(2月6日)

一畑電車を貸し切っての研修会を開催しました。走行中の車内ではアテンダントの説明に耳を傾けながら、部会の来年度事業計画のほか一畑電車や沿線の地域資源を活かした観光振興策等について熱心な意見交換を行いました。



青年部定時総会(1月17日)

宇美神社への初詣に続いて青年部定時総会が行われ、平成29年度役員承認ののち「万里一空〜高みを目指し原動力となれ!」をスローガンに掲げる森山次年度会長の所信表明がありました。また、総会終了後には、島根県事業引継ぎ支援センターの生馬支援専門員を招いての研修会、新年会が行われました。

第57回永年勤続商工従業員表彰式(11月25日)

出雲市長様、地元選出県会議員様らを来賓にお迎えし、第57回永年勤続商工従業員表彰式が挙行されました。今年は勤続40年から10年まで26事業所63名の方が表彰を受けられました。式典終了後には事業主を交えての祝賀会が賑やかに行われました。


工業部会「SKYACTIVとは?」講演会(9月17日)

平田出身でマツダ褐エ価企画本部長兼購買本部副部長の小池昌充氏を講師に迎え、「SKYACTIVとは?クルマをゼロから見直すという挑戦」講演会を開催しました。
当地域にはマツダの下請け工場も多く、地域経済や雇用面での依存度も高いことから、当日は200名程が聴講されました。講演ではSKYACTIV・TECHNOLOGYに込められた「人馬一体」の快適な走行性能を追い求めるマツダの取り組みやものづくりに対する姿勢等について熱く語られ、大変有意義な講演会となりました。


「ゴミは会社を救う!」リサイクルセミナー(8月31日)

環境コンサルタントで潟Vューファルシの武本かや社長を講師に迎え、リサイクルセミナーを開催しました。廃棄物処理実務に特化したコンサル事業を立ち上げ、会社で今までゴミだと思って廃棄していた物が実は売れる材料だったり、廃棄物の中身を知ることでコスト削減に繋がった事例等について自身の体験をもとに紹介され、非常に有意義なセミナーとなりました。

平田の美味しい魚を食べる会(8月2日)

島根半島近海では多くの魚種が水揚げされていますが、普段地元で食べられるのは一部で、あまり知られていない魚も多くあることから、地域活性化委員会の主催により、平田地域の定置網漁業者の協力を得て試食会を行いました。アジやスズキ、白イカ、石鯛、ヒラマサといった定番からサメや赤エイ、赤ヤガラといった魚料理が提供されました。新たな販路拡大が期待されます。


売掛金回収〜プロの極意セミナー(7月27日)

潟qューマンパワー・リサーチの森真一社長を講師に迎え、法的手続きに頼らない売掛金の任意改回収等について講義いただきました。ノンバンクでの債権回収経験から、回収への心構えや危ない会社・人物の見分け方、様々な場面での対応等について実践的な解説をいただきました。

共済還元ビアホール(7月6日)

会議所共済加入者150名を招待して恒例の共済還元事業を開催しました。今回は「ビアホール&UTAYA!・綿貫ゆかコンサート」と題し、若い人達にも親しみやすい民謡ユニットUTAYA!さんと演歌歌手の綿貫ゆかさんをお迎えして楽しい時間を過ごしていただきました。また大島会頭やAXA生命山陰支社長による抽選会も開催しました。




青年部定時総会(4月21日)

副会頭、専務理事、OB会長らを来賓にお迎えし、平成28年度青年部定時総会が開催されました。27年度事業報告・決算、28年度事業計画(案)・予算(案)がそれぞれ承認された他、各委員長から今年度の意気込みが離されました。総会後は来賓を交えて懇親会が行われました。

議員懇話会視察研修会(4月18〜19日)

議員懇話会と地域活性化委員会の共催による視察研修会を開催しました。海上自衛隊舞鶴地方総監への表敬を兼ね、海軍記念館、東郷邸、第23航空隊、多用途支援艦「ひうち」をご案内いただいたほか、京都丹後鉄道、出石の街並み、餘部橋梁(空の駅)等の視察を行いました。



平田地域の動き

もち街〜木綿街道(2月5日)

節分恒例の「もち街〜木綿街道」が開催され、生憎の雨模様でしたが市内外から多くの家族連れ等で賑わいました。今回は19店舗・団体が39種類の工夫を凝らした餅のトッピングを準備して行われ、訪れた人がお気に入りのトッピングで餅を楽しむ姿が街道各所で見られました。今回も地元平田高校の生徒扮する鬼やメニュー提供でイベントを盛り上げました。







雲州平田まちあそび(10月16日)

平田地域の各エリアがそれぞれの魅力を発信するイベントを開催し、それらが連携して街歩きを楽しむ企画「雲州平田まちあそび」が開催されました。

一畑電車雲州平田駅周辺では「駅サイトまつり」、平田本町商店街では「バラ色の人生ゲーム」、木綿街道では「醸造まつり」、そして駅通りでは山陰初となる「いす-1グランプリ」が開催され、多くの家族連れが特別に公開された駅構内や普段あまり立ち寄ることのない商店等を楽しみました。

日本事務いすレース協会の協力を得て、初めて開催された「いす-1GP」には地元の企業や団体のほか大阪からの参加もあり、公道に設けられた特設コースで事務いすを2時間漕ぎ続ける選手達に沿道から多くの声援が送られました。








【バラ色の人生ゲーム】結果

順位
チーム名
住所
獲得金額
1位
濱崎さん
出雲市武志町
9億5,200万かざり
2位
坂本さん
出雲市平田町
9億2,000万かざり
3位
熱田さん
出雲市平田町
8億5,000万かざり
今回は、650チーム2,800人の参加がありました。

【いす-1グランプリ平田大会】結果

順位
ゼッケン
チーム名
周回数
1位
8
だけじゃないペイジュン
100
2位
3
SAKAMOTO'S
99
3位
1
足鷹
97
4位
12
さつき会
90
5位
10
チーム火消し
87
6位
11
Garden
84
7位
2
なだぶん体協
83
8位
7
MSK594
82
9位
4
いすの極み乙MEN
79
10位
13
平田青年会議所
74
11位
6
UFF
68
12位
5
なだぶん消防
67
リタイヤ
9
中田デラックスA
10
今回は、県内外より13チームの参加がありました。

https://www.youtube.com/watch?v=NE6vokfN_u4

平田まつり・ひらた七夕仮装船行列(7月24日)

第38回平田まつりの様子はコチラをご覧下さい。

平田天満宮奉納一式飾競技大会(7月20〜22日)

平成28年度の作品はコチラをご覧下さい。

河下港での海上自衛隊艦艇広報(6月4〜5日)

河下港5,000tバースにおいて海上自衛隊の艦艇広報が行われ、2日間で2,500名を超える市民が見学に訪れました。入港したのは舞鶴基地所属のミサイル艇「はやぶさ」。不審船キラーの異名をもつこの艦艇は、伊勢志摩サミットで不審船舶の警戒監視の任務にあたったとのことでした。



唐川新茶まつり(5月29日)

今年で25回目となる「唐川新茶まつり」がお茶の里唐川町で開催されました。生憎の雨模様となりましたが、当日は新茶や茶を使った様々な商品の販売や地元の神楽上演が行われ、普段は清閑な山里が多くの人で賑わいました。


Copyright(C) 2010 HIRATA Chamber of Commerce and Industry All Right Reserved