会議所の動き

平成26年度通常議員総会(3月27日)

ホテルほり江において平成26年度平田商工会議所通常議員総会が開催され、平成27年度事業計画(案)ならびに各会計収支予算(案)がそれぞれ承認されました。また、永年当所役員・議員として平田地域の発展に尽くされた5名の方に、日本商工会議所会頭からの表彰状伝達が行われました。

建設部会視察研修会(3月13〜14日)

エコロジー生活への関心の高まりから「スマートシティ潮芦屋のパナホームZEH」等を視察しました。Zero Energy Houseはエネルギーを自給する住宅であり、その最先端の技術やゼロエネルギー都市の開発ついて研修しました。また、東日本大震災から丸4年が経ち、改めて防災について考える機会にするため「阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター」等を見学し、大変有意義な研修会となりました。



「中小企業はeコマースで生き残る!」セミナー(1月16日)

明永俊悟氏(潟vリアップ代表取締役)を講師に迎え、インターネット通販に関するセミナーを開催しました。セミナーでは明永氏自身が在住して感じたアメリカでの流通・通信業界のお話や昨今のオンラインストアの状況、今後の展望等について「出雲発」をキーワードに分かり易くご講演いただき、大変有意義なセミナーとなりました。

青年部定時総会・新年会(1月13日)

恒例の初詣に引続き定時総会・新年会が開催されました。次年度役員が承認され、大塚幹治次年度会長により所信表明が行われました。

第3回消費税改正セミナー(12月2日)

前回に引き続き常松佳吉税理士事務所の持田嘉秀氏を講師に迎え、「消費税改正セミナー」を開催しました。これまで参加が困難だった方を対象に開催時間を夜に変え、消費税改正と留意点についてわかりやすく解説していただきました。

第55回永年勤続商工業従業員表彰式(11月21日)

11月21日、ホテルほり江において第55回永年勤続商工業従業員表彰式が挙行され、今年は勤続40年から10年まで86名の方が表彰を受けられました。式典終了後には、事業主を交えての祝賀会を行いました。

第2回消費税改正セミナー(10月28日)

常松佳吉税理士事務所の持田嘉秀氏を講師に迎え、「消費税改正セミナー」を開催しました。今後の影響や対策についてわかりやすく講義していただきました。

消費増税フォローアップセミナー(9月19日)

中小企業診断士・社会保険労務士の七田亘氏を講師に迎え「消費増税フォローアップセミナー」を開催しました。来年10月に予定されている消費税率10%への引き上げを見据えた対策等について分かりやすく解説していただきました。

島根県下商工会議所職員共済会(9月6日)

56回目となる島根県下商工会議所職員共済会が平田地域で開催され、県下8会議所から100名を超す職員が出席しました。生憎の雨模様ではありましたが、一畑薬師の書院庭園見学や本堂参拝、古い街並みを残す木綿街道散策、ゴルフを楽しんだのち、割烹温泉ゆらりで大懇親会を行い、大変有意義な研修会となりました。



共済還元「ビアホール&綿貫ゆか歌謡ショー」(9月2日)

会議所共済加入者への還元事業として「ビアホール&綿貫ゆか歌謡ショー」を開催し、抽選で選ばれた約200名が参加されました。大島会頭、AXA生命保険松江支社長の挨拶に続き、地元で活躍中の演歌歌手綿貫ゆかさんの歌謡所ショーや豪華賞品が当る抽選会で会場は大いに盛り上がりました。



通常議員総会(6月26日)

ホテルほり江において平成26年度通常議員総会が開催されました。大島治会頭のあいさつに続き、平成25年度事業報告ならびに各会計の収支決算が報告され、それぞれ承認されました。また、地域活性化に取り組む個人・団体の事業を支援する地域貢献活動助成金の交付先には「一畑山上商店街」が選ばれました。

女性会定時総会(6月2日)

正副会頭・専務理事を来賓にお迎えし、平成26年度女性会定時総会が開催されました。平成25年度事業計画・収支決算、平成26年度事業計画(案)・収支予算(案)がそれぞれ承認されたのち、出雲弥生の森博物館学芸員の坂本豊治さんより「国富中村古墳女から古墳時代を考える」と題してご講演いただきました。

青年部定時総会(4月15日)

正副会頭、専務理事、OB会長を来賓にお迎えし、平成26年度青年部定時総会が開催されました。25年度事業報告・決算、26年度事業計画(案)・予算(案)がそれぞれ承認されたのに続いて、各委員長スピーチや新入会員の紹介があり、終了後には来賓を交えての懇親会が行われました。

経済講演会(4月10日)

且R陰合同銀行が昨年タイに開設したバンコク駐在員事務所の原善雄所長を講師に招き、「タイにおける日本企業の展開と今後の展望」についてご講演いただきました。ASEAN諸国での日本企業の事業展開や政情不安が続いたタイ国内の最近の状況等についてお話いただきました。

経済講演会(4月8日)

潟_イヤモンド社の元社長でジャーナリストの岩佐豊氏を講師に招き、「中国経済崩壊のシナリオとアメリカ・プラスワン」と題してご講演いただきました。環境問題や労働賃金高騰等のリスクにより「チャイナ・プラスワン」の時代は終わり、これからは世界最大の消費大国である「アメリカ」を向くべきであるとのお話をいただきました。

平田地域の動き

平田本町商店街街路灯点灯式(2月3日)

平田本町商店街で、商店街や市の関係者、警察署員等が出席し、LEDに付け替えられた街路灯の点灯式が行われました。国・出雲市の補助金を活用して19基が設置されたほか、5台の防犯カメラも新設されました。通学路でもあり安心安全な暮らしに寄与するものと期待されます。

もち街〜木綿街道(2月1日)

節分恒例の「もち街〜木綿街道」が開催され、多くの来街者で賑わいました。街道各店や地域の団体等が工夫を凝らした約30種類のトッピングを準備し、予定を超える約7000個の餅が完売しました。今回は平田高校の野球部と生徒会がブランティアとして運営に参加し、地域イベントを盛り上げました。



2015平田地域新春互礼会(1月9日)

割烹温泉ゆらりにおいて「2015平田地域新春互礼会」が開催されました。行政・商工会議所・JA・各地区代表者・主要企業・各種団体等が新年の情報交換をするために2001年から開催されているもので、当日は110名が参加され、活発な情報交換が行われました。

平田地域視察研修会(11月27日)

中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会による平田地域の現地視察会が行われました。当日は圏域から集まった参加者に木綿街道や佐香神社を体験していただき、様々な角度から観光に役立つ平田の魅力について語っていただきました。

一畑マラソン大会のんのんばぁウォーク(10月26日)

「美しい日本の歩きたくなる道」にも選ばれているコースを踏破する、一畑マラソン大会のんのんばぁウォークの部が開催されました。
当日は天気に恵まれ、一畑は多くの参加者で賑わっていました。

雲州平田まちあそびイベント(10月19日)

一畑電車滑J業100周年を記念した「駅サイトまつり」に併せ、雲州平田駅前での物産市、平田本町商店街をすごろく盤に見立ててまち歩きを楽しむ「バラ色のすごろくゲーム」、木綿街道では新米ご飯に様々なトッピングと醤油を掛けて楽しむ「醸造まつり」が開催され、多くの家族連れで賑わいました。

「駅サイトまつり」会場では、各種物産販売のほか五日市高校書道パフォーマンスや平田吹奏楽団の演奏等が行われました。


「バラ色のすごろくゲーム」会場では、400組を超える家族連れ等がサイコロを振りながらすごろくのマスに見立てた商店街の店舗を回り、買い物を楽しんだり商品券をゲットしました。


「木綿街道醸造まつり」会場では、炊き立ての新米ご飯に様々なトッピングと街道にある3件の醤油屋さんの味比べを楽しみました。


河下港での海自艦艇広報(10月18〜19日)

河下港5,000tバースで毎年恒例となっている海上自衛隊の艦艇広報が行われました。今回はミサイル艇「はやぶさ」「うみたか」の一般公開に市内外より2,000人の来艦がありました。出港時には走る姿を一目見ようと見送りの人が大勢集まりました。



海自ミサイル艇が河下寄港(9月8日)

海上自衛隊ミサイル艇「うみたか」が訓練から舞鶴へ戻る途中、乗員休養のため河下港に寄港し、大島会頭を表敬されました。来月には同艇による艦艇広報も計画されており、港湾調査のほか給油も実施されました。港湾の活発な利用を図るために今後も寄港していただきたいとの要望活動や情報交換を行いました。


平田天満宮祭奉納一式飾競技大会(7月20〜22日)

各町内・団体の作品および審査結果はコチラ。

木綿街道振興会が「国土交通大臣賞」受賞

一般財団法人住宅生産振興財団が主催する「住まいのまちなみコンクール」の平成25年度国土交通大臣賞(最優秀賞)に『木綿街道振興会』が選ばれ、6月19日に東京で表彰式が行われました。地域の歴史を深く認識し、まち全体で盛り上げながら生きたまちづくりへの取り組みが評価されました。

唐川新茶まつり(5月25日)

23回目となる「唐川新茶まつり」が行われ、天候にも恵まれ多くの来場者で賑わいました。県内でも有数の茶処として知られており、当日は新茶や茶そば・茶もち等を買い求める人が長い行列をつくりました。

おちらと木綿街道(5月18日)

恒例の「おちらと木綿街道」が開催されました。3月にオープンしたカフェことんでのアコースティックライブや島根大学の弾き語りサークル「スナフキン」による路上ライブにより街道全体に癒しの雰囲気が広がるなか、市内外から訪れた多くの来街者が街並み散策や買い物、食べ歩き等を楽しみました。



海自ミサイル艇が河下寄港(5月10日)

海上自衛隊ミサイル艇「しらたか」が佐世保から訓練に向かう途中、乗員休養のため河下港に寄港しました。現在のとろこ河下港での艦艇広報の計画はありませんが、港湾の活発な利用を図るために今後も寄港していただきたいとの要望活動や情報交換を行いました。



GW渋滞対策・パーク&ライド

ゴールデンウィークの出雲大社周辺の渋滞対策・一畑電車の利用促進を図るため、NEXCO西日本の協力を得、雲州平田駅周辺でのパーク&ライドを実施するとともに、平田地域の物産販売が行われました。駅に近い当所駐車場も無料開放し、連日県外ナンバーの車で満車になる盛況ぶりでした。駅構内では手打ちそば実演や飲食スペースとして車輌開放も行われ、土産品を買い求める観光客等で終日賑わいました。

Copyright(C) 2010 HIRATA Chamber of Commerce and Industry All Right Reserved